いつも見ているだけの彼と両思いになれちゃう恋のおまじない

恋に効くおまじない

恋をしているあなた。恋に恋しているあなた。

「彼と両思いになりたい。」「素敵な恋がしてみたい。」って、とってもわくわくしたり、不安だったりしているんじゃない。そんなドキドキが恋の魅力だったりもするんだけど、それで臆病になったら、あなたの魅力も半減しちゃうよ。何もしなければ、恋ははじまらない。恋おまじないで幸せをGETしちゃおう!

【大人気!恋に良く効くおまじない】
数ある恋のおまじないの中でも、みんなから評判のいいお勧めのおまじない。まずは、これから試してみては?

<第1位>彼があなたを意識するようになるおまじない
まず、お風呂の中で曇ったタイルや窓に、左手の小指で、好きな人と自分の名前をフルネームで書きます。その下に「仲良くなれますように」と書き、心の中で強く念じながら、右手で消してその手を胸にあてます。すると、好きな人があなたのことを意識するようになります。

<第2位>好きな彼と隣の席になれちゃうおまじない
席替えの前の日の夜に、左手の親指に赤色でハートを書いて、小指には、青で星を書きます。次に、親指と小指に書いたマークを重ねながら、「○○君と隣の席になれますように」と心をこめて10回祈り、次の日の朝に、指に書いたマークを消します。すると、好きな人と隣の席になれちゃいます。

<第3位>好きな彼とカップルになれちゃうおまじない
左手の小指のツメの白い部分を7mmまで伸ばして、切るときに、「○○君と両思いになれますように。」と言いながらツメを切ります。
※金曜日にはツメを切らないようにね。すると、好きな彼と両思いになれちゃいます。

おまじないのルール

恋に効くおまじない

【1】おまじないは一つに絞りましょう
いろんなおまじないを同時にやれば、効果が高まると思うのは大間違いです。今、一番かなえたいお願いを一つに絞って、それに対するおまじないだけに集中しましょう。

【2】なるべく人に見られない場所で行ないましょう
おまじないをしているところを人に見られても効果がなくなるわけではありません。しかし、他人に見られて噂になったりすると、おまじないをするときに迷いが生じてしまいます。おまじないは集中力が一番大切です。落ち着いて集中できるところで行ないましょう。

【3】使い終わった道具には感謝の気持ちを
おまじないのときに作った道具や文房具などを捨てるときには、感謝の気持ちをこめて、白い封筒の中に入れてからゴミ箱に捨てましょう。また、一度使った道具には、効力はないので、次にからは別のものを使いましょう。

【4】自分で期限を決めてやりましょう
期限がないおまじないは、1週間、2週間など自分で区切りを決めてやりましょう。また、おまじないは、次の日にかなったり、1年後にかなったりすることもあります。自分の気持ちに区切りがつくまで続けましょう。

【5】状況にあったおまじないを選びましょう
好きな彼と友達なら、両思いになるおまじないを、彼があなたのことをまったく知らないときは、友達になるきっかけ作りのおまじないを選びましょう。今の自分の状況に合った、おまじないを選んで、願いがかなうように努力することが大切です。

おまじないとは

photo01

おまじないは、動詞「まじなう」の名詞形である「まじない」に、接頭語の「お(御)」が付いた語です。「おまじない(まじなう)」の「まじ」の意味は、「まじもの(蠱物)」「まじこる(蠱る)」などの「まじ(蠱)」と同じく、呪術を意味しています。「まじなう」の「なう」は、「占う」「行う」などと同じく、動詞を作る接尾語です。なお、おまじないは、災いや病から逃れようとしたり、それを起こそうとしたりするもので、善悪にかかわらず「呪術」そのものを表しています。

おまじないと聞くと、女の子が「片思いしている男の子と両思いになりたい!」という願いを込めてやる願掛けみたいなものを想像します。

大人になってからはおまじないというより、ジンクスや願掛けのようなものを信じるようになります。「お茶の中に茶柱が立っていたらラッキー」、「四葉のクローバーを見つけたら幸せになれる」、「花嫁さんからブーケを受け取ったら次に結婚できる」といったものです。

おまじないは漢字では「御呪い」と書きます。おまじないは古くは呪いのことであり、一歩間違えば呪いをかけることと同じなってしまいます。例え迷信や願掛けであっても安易に呪いをかけるようなことはせず、前向きで明るい気持ちで使うようにしましょう。

恋によく効くおまじない

koi03

【片思いの人に】

<好きな人と会うチャンスが増える>
指輪に名前を彫ってくれるネームリングにあなたの名前とその両わきに☆も彫ってもらいます。そしてあなたの名前の裏側(リングの内側)に好きな人の名前と☆を同じように彫ってもらってください。この指輪を右手の薬指にしていると好きな人に会うチャンスが増えます。

<彼との間にラブ事件発生>
自分のお気に入りの花の香りのせっけんを、好きな人のフルネーム分だけカッターできざんでください。次に赤い折り紙で3センチくらいのハートを切り抜き、自分で作った小さな袋にいれて口を青いリボンでちょう結びにします。これを制服の胸のポケットにいつも入れておくようにすると彼との間に嬉しいラブハプニングが起こります。

<好きな人とラブモードに>
白い紙に銀色のペンで好きな彼の名前を100回書きます。これを小さくたたみ、白い封筒に入れて満月のきれいな夜に自分の部屋に貼って下さい。1ヶ月間はったままにした後、それを土に埋めましょう。好きな人とよく話せるようになったり、仲良しになれます。

<正夢で恋に近づく>
まず銀の鈴を2つ用意して10センチくらいの青いひもでつなげます。これを2回、円を描くように回してから枕の下に入れ、枕を3回たたき「エスカゼネ」ととなえてベッドに入って。すると好きな人が夢に出てきてふたりの中が急接近。枕の下に彼の写真もいっしょに入れておけば素敵な正夢が見られます。

<好きな人から告白される>
手のひらに指でハートを書いて、ハートの真ん中に好きな人の頭文字(コイケ君だったら“コ”とカタカナで)を書いて下さい。そして好きな人に会ったらハートを書いた手をにぎってニコッと笑います。すると数日後に好きな人から告白されます。

<告白が成功する>
火曜日にマッチを9本用意して、それを赤い糸で束ねて。そしてそれを家の東の方角に埋め、その上に立って「ファー・イズ・キボール」と唱えて下さい。これを毎週火曜日、合計9回やってから告白すると成功します。

【両思いの人へ】

<彼の近くにいられる>
左手の薬指の爪を切ってバラの花びらといっしょに好きな人の名前を書いたうす紙に包みます。そして赤いリボンをかけて川に流して下さい。これでいつも彼のそばにいられます。

<彼とファーストキスができる>
金曜日にまだ一度も使っていないピンクのリップの先に“S”と針で刻み込み、そのリップを彼と目が合うたびに塗ると近いうちにファーストキスができます。

<彼の浮気心を封じる>
まず、ペンライトを一本用意して下さい。そして金曜日の夜9時過ぎ、部屋の明かりを消してペンライトをつけ、光をじっと見つめて彼の顔を思い浮かべます。次に一度ライトを消し、そのあと3回てんめつさせます。これをその夜から28日間、毎日続けてください。このおまじないをやっていることは誰にも話さないこと。

還暦世代が占う恋愛占い

love06

還暦つまり60年目の人生を迎えるということ。60という数字は、時間で使われている数字であり、また、十二支と十支が同時に一周する節目の年で、生まれたときの年にもう一度リセットされています。占いでは60という数字は重要となり、そこから新たなスタートを始めるのにも絶好なのが還暦世代です。

しかし、これといって始めたいものが見つからないが、何かしらやってみたい方は、占いに委ねてそこからヒントを得るという発想をオススメします。
占う事は指定なしでも、気軽に全体運を見てもらうのもありでしょう。

また、若い子が占うイメージの強い恋愛占いも、あえてオススメします。独身の方は新たな出会いや自分の好みの特徴を客観的に見れるチャンスになりますし、既婚の方も結婚相手を改めて省みる機会となるでしょう。

相手の指定なしに占う事も、凝り固まった固定概念でなく、本能的に好きな人は、どのような人かを気づくヒントとなり、自分が進むべき方向の再確認や新たな人生を歩む上で役に立ちます。

還暦世代の恋愛の始め方

還暦ラブ

アラ還世代は、子育ても一段落して、夫も定年を迎えたりして、ほっと一息つけるものの、老後の健康面が心配になります。既婚、未婚問わず、人生を振り返り、先を考えながら自分の足元が揺らぐ時でもあります。

そんな時に、身近に相談できる人がいたり、一緒に食事をする人がいれば、心が安定するのではないでしょうか。恋愛という枠組みにとらわれず、何かの時に頼れる、助け合える人を見つけておくのも、よいでしょう。

60歳前後は、うつ病にもかかりやすい年代です。ですから、楽しい気分になれたり、多少のときめきは、うつ予防物質セロトニンを産み出す基となり、心も体も健康的になれるメリットもあります。いずれにしても、のめり込み過ぎず、お友達感覚を維持した方が、家族からの反対やケンカを防ぐことができるのでは、と考えます。

また、ちょっとした趣味の会などへの参加も、お友達恋愛のスタートになるかもしれませんね。ご自身のモラルを貫きながら、楽しいお付き合いをオススメしますキーワードの指定なしの意味合いが、よくわからなくて、指定なしとは何も無しという意味でとりました。ご了承ください。